闘神の日々雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS しまなみ海道サイクリング 激走編

<<   作成日時 : 2009/05/06 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

5月4日(月)
スッキリ目覚めの良い朝。
パソコンを持ってきていないので
ネットで夜更かししなかったのが勝利のカギだ。

部屋のカーテンを開けると、なんか降ってる?
ホテルの下を走っている車のワイパーが間欠で動いてる。
天気予報では雨のち曇りだとは言っていたのだが・・・
空模様は心配だがもう本番、覚悟を決めて走るしかない。

朝食バイキングで炭水化物を中心にメシを食う。
カレーもあったのでついでに食べちゃった。
ちと食い過ぎか?とてもこれから運動する感じでは
無くなった。(汗)

でも覚悟を決める(笑)
サイクリングシャツの上にウインドブレーカーを着込んで
出発。少し蒸し暑いのう。

反対車線を尾道からなのかロードの人たちとすれ違う、
話声の中に「リカンベント」という単語が聞こえる。
けっこうそのスジの人には知られているんですな。

信号待ちをしているとクロスバイクの人から
後ろから声をかけられた。
「それ楽ですか」「いくらするんですか」
へーーと関心すると
道が少し登り気味なのでこちらが遅れ始めたので
追い抜いていった。

途中のコンビニでお茶のペットボトルを一本購入
レジで店員から「どちらまでですか?」
「頑張ってください」と励ましを受ける。

Y字路を右へ曲がると登り坂の始まりだ、朝ではあるが
意外なほど坂で追い抜いていくロードの人が来ない。
こっちは時速7〜8qのスローペースだ。

それでもけっこう脚にきてますな
トイレにも行きたいし
先日、サイクリングチケットを買ったので寄らないつもり
だったけどサンライズ糸山へトイレを借りにたちよる。
ここでもおっちゃんに声をかけられた。
おっちゃんは毎朝橋を渡ってくるんだとの事、健康の秘訣ですな。

出すもの出したら快調になった。(小だけなのにね)
ぐるぐると橋までの道を上がっていく
橋の中央で料金所がありチケットから必要分をちぎって箱に入れる
人が居るのはここだけで他の所は無人でした。
画像



さて登り坂ばかり気になっていたのだが登れば当然下りもある
吊り橋の場合半分登るとあとは下り、こりゃ楽だ。
なにしろ乗っているのが「平地&下り番長のリカンベント」
地獄の後の天国 ヘルアンドヘブン状態で大島へと降りていくと
いいロケーションで写真を撮っている人を見つけたので
便乗しパチリ。
画像

鳥人間コンテストに出たことがあるそうで
リカンベントの事をよく知っていた。
東京よりもこちらの方が知っている人がよほど多いのではないか。

道の駅よしうみいきいき館へ立ち寄ったがトイレだけ借りてすぐに出発する
あと何時間かかるかわからんのだ。

道の駅をあとにするとすぐ目の前に長い登り坂があらわれた。
ついにしまなみ海道が私に牙を剥いたのだ。
しかし漕ぐ、今回は歩いて押さないと決めたのだ。

初めての激坂を走破し少し自信がついた。
登ったあとはお楽しみのダウンヒル、瀬戸内の風が気持ちいい。

大島後半の激坂を登り切り、村上水軍博物館へ立ち寄る
予想外に豊富な展示物、目の前の能島に水軍城があったとは
ロマンを感じる。
画像


見学もそこそこに次の橋へと走り出すと反対車線に
リカンベントが走ってきた。

ありゃ?もしかするとブログで見たことあるかもと思っていたら
漕ぎコギ生活のkogikogi-lifeさんでした。
画像

お話をするとr-iさんと酒を飲んだ中だとか色々きけて面白かった。
漕ぎコギ生活にマイコブラ登場↓
http://d.hatena.ne.jp/kogikogi-life/20090504/p1

伯方・大島大橋が見えてきた。
最初にしまなみで一番長い来島海峡大橋を渡ったので
すごく短く感じる。
画像


画像

伯方・大島大橋を渡ります

道の駅伯方S・Cパークビーチで
伯方の塩ソフトで糖分と塩分を補給
画像

凄い行列だったが店のおねぇちゃんの見事な
客さばきであっという間にゲットできた。
画像


まわりでは子どもが塩の味がするとか言ってたけど
中年の私にはこれくらいがちょうど良い甘さだった。

画像

さすが本場は柑橘系が安い、5ヶ一袋150円
でもこの量じゃ荷物になるし購入は断念。

画像

大三島橋を渡る。
このころになると
橋が見える→橋まで登る→渡る→下までダウンヒルのパターンが分かってきた。

多々羅大橋を渡りきる頃には天気も回復し日が差してきた
休憩所で顔と腕を洗い日焼け止めをすりこむ
水場の蛇口がずっとひねってないと出ないタイプ立ったので
顔を洗うときは片手で水を受けて苦労した。

今治のホテルで買ったしまなみ海道のタオルで拭いて
改めてしまなみを走っているんだなぁと実感してにんまり満足
画像

画像


生口島で「しま一」の看板を発見。
画像


ここまで長い休憩はせずに来たのだが、そろそろ腹の虫も
なんか喰わせろと鳴っている。

自転車を止めようと回り込んだら、こちらを向いて話をしている
集団を発見、ブログの人ですか?と聞かれたので
もしかしてと思ったら「しまなみドリチャリブログ」の「ドリさん」ではありませんか。

ドリさんのブログにマイコブラ登場!↓
http://hassaku50.exblog.jp/10988106/

いましがた食事を終えたところだということで。
こちらは自己紹介をして少しお話をして、お別れして
刺身定食を食べました。

ドリさんにドルチェも勧められたんだけど寄らずに生口橋へ向かう
オシャレな店は苦手なのですよ、次回はよります。
画像

画像


さてはっさく屋は橋を降りてからすぐだったと思ったら・・・
なにか手招きする集団が・・・・
ドリさんでした。
はっさく屋にテレビの取材が来ているのだとか。
確かにカメラが来てますね。

ひとつはっさく大福をいだだきました。
こりゃ旨い、グジューっと果汁が出るのがタマラン

夜のおやつ様に5ヶ買って、実家に20コと8コ宅配で注文しました。
このあとも次々と店にお客さんがやってきました。
実に繁盛してますなあやかりたい。
ドリさん達と別れて最後の因島大橋へと向かいます。

途中道が分からなくなり地図を開いていると
さきほどはっさく屋さんでお会いした。
ルーディーパパさんも迷っている様で道を聞かれました。
ドリさんの情報通り
この島は分岐点しか表示が無いようですね。

モアイ像のあるキャンプ場で休憩をしていると
女子大学生(?)のグループから写真のシャッターを
押して欲しいと頼まれて、この女っ気が全くない旅にも少しは華を
添えたのではないかと(オレはどんだけ縁が無いのでしょう)

橋の前の坂を登り切ると大浜PAへ歩いていける階段がありました
画像

こんなのです。

けっこう歩きましたがその先にちゃんとご褒美がありました。
画像

はっさくソフトです。
疲れた体にしみこむ甘さ、あー自転車のってて良かった。

因島大橋は橋の下を通ります。
画像

画像


向島、尾道間は舟で渡ります。
画像

舟の上で「その自転車速いんですね」と
カップルに話しかけられて
「もう終わりなので思いっきり踏みました」と答えた
38〜39qは出ていたんかな

あー終わった。いろいろあった一日でした。

番外編
さて、しまなみ海道は走りきりましたがドリさんから宿題がでてまして・・・
萬来軒捜索編へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。kogikogi-lifeです〜。その節はありがとうございました。無事帰宅されたようでよかったです。AJさんと酒を飲んだというのは私の勘違いで、r-iさんでした。アルファベットがとっさに頭の中で混乱してました。(笑)

またちょくちょく寄らせていただきます。まずはご挨拶まで。
kogikogi-life
2009/05/06 22:20
しまなみ、お疲れ様でした。

 意外とスポーツサイクル乗りの方たちはリカンベントの存在を知っているようですね。こちらから言わないうちにリカンベントって言葉が出てくることが何度もありました。でも実物を見る機会はそう無いのでしょうね。

>橋が見える→橋まで登る→下までダウンヒルのパターン
なるほど天国と地獄がセットで待っているという訳ですね。
忘れないようにしておきます。そのうちに行ってみたいです。
こうが
2009/05/06 23:15
闘神さん初めまして
ドリさんと一緒だった、TREKに乗ってたメタボのベタです。
しまなみ海道 お疲れ様でした。
あの、リカベント、コブラって言うのかな?
凄く、カッコいいですね。何処に行かれても注目されるでしょう。
ホルスター付きのシャージ以前から欲しいなって気になってました。
でもロードではちよっと似合わないかな?
闘神さんのコブラにはよく似合うと思いました。カッコいいです。
リカベント、実物みてると欲しくなります。

あの後で、道に迷ったみたいですね、
一緒に帰れば道案内出来たのに・・・先に帰ってごめんなさい。

初対面だったけど、自転車を通じて色んな方と話せて楽しかったです。
また、しまなみに来られた時、に見かけましたら、宜しくです。

闘神さんのブログも面白そうなんで、また覗かせて頂きます。
では、またいつか、お会いしましょう。
ベタ
2009/05/07 10:42
しまなみ海道良い感じだったようですね。
四国育ちなんでいつかリカンベント持ち込んでみたいです。
r-i
2009/05/07 18:08
>kogikogi-lifeさん
しまなみ経験者の助言ほどありがたいもの
は無かったですよ、知らない道ほど不安になるものです
>こうがさん
東京からだと行くのも半日がかりですけど
滋賀からだと日帰りも可能では?
こうがさんの脚力だと自走も出来るかも?
>ベタさん
私のハンドルをドリさんから説明された
ときの不思議そうな顔を覚えていますよ(笑)
ハンドルはゲームのキャラから取りました
もう13年も使っています。
しまなみへ行くときはドリさんの所へ書いておきますのでまたお会いしましょう
>r-iさん
リカンベントでもLWBのV3なんて目立つこと
間違いなし!
持って行くのは大変だと思いますがぜひ
実現してください。

それにしてもリカンベント乗り大集合のコメントですね(笑)
闘神
2009/05/07 21:02
すっかり乗り遅れました。
わたしも四国出身なのですが、いちどもしまなみ走ったことないんですよね。
今度、ぜひ走りたいなぁ。
他の方の体験談は参考になります。
AJ
2009/05/08 02:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログ リカンベントへ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています  励みになりますのでポチっと よろしくお願いします
しまなみ海道サイクリング 激走編 闘神の日々雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる