闘神の日々雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS しまなみ&とびしま海道 輪行 その2 しまなみゆるポタ編

<<   作成日時 : 2011/08/20 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月13日(土)
天気晴れ

尾道のホテルをチェックアウトをして
昨日探索しておいた最寄りのコンビニで
サンドイッチとおにぎり、ペットボトルの麦茶を2本購入
すぐに飲めるように一つをボトルに詰め替える

画像

駅前渡船前ののベンチで海を見ながら食べる
(この広島菜とは何なのか?)

こうしている間にもどんどん気温が上がっていく
大して動いていないのに腕に玉の汗がいくつも
できた

画像

駅前渡船の桟橋には
しまなみ海道のコース案内が掲示されています
実はどの渡船で渡っても同じ道に出るのですが
一応ここが「公式サイクリングコース起点」だということでしょう


画像

看板に「しまなみ海道サイクリングロード」の字が見えます
画像

食べ終わるとちょうど渡し船がやってきた

画像

オイラ一人で貸し切りだ

画像

画像

110円を払ってちょっとの間の船旅
駅前渡船を選んだのはこれが一番距離が長く
「舟に乗ったなぁ」感があると思ったからだ

画像

向島へ上陸
因島大橋を目指す


まだ早い時間のせいか
(ローディーの方たちにとっては遅すぎたためか)
他の渡船でやってきた自転車が少ない
ミニベロやレンタル自転車のグループは見かけるんだけど
スポーツサイクル全然おらん

そんな人たちを抜かしたり
上り坂で抜かれたりしながら
向島を通り過ぎました

途中で脇道に入ったりして寄り道していたので
「さっき抜かされたのに何で後ろから来るんだろ?」
とか思われたかもしれませんね(笑)

アプローチの坂は降りて押してきましたが
橋はゆるゆると乗って行きました

海風が実に心地よい
直射日光がつらいけど・・・

画像

因島大橋へのアプローチ入り口

画像

上っていくとええ感じで橋が見えてきたのでパチリ

画像

橋の下側に歩道と自転車道があります
柵があるので景色はあまりよくありませんけれど
ずーっと日陰なので夏にはとてもありがたいですな

画像

因島へ渡りきると料金箱があります
50円分のチケットをちぎって入れます

画像

生口島大橋が見えてきました
路側帯に青い線が引いてあって
自転車のルートが一目でわかるように
なっていました

画像

生口島大橋

画像

料金箱に50円分のチケットを入れようとしたら
優待券の方を間違って入れてしまいました
すぐ気が付いてチケットを入れ直しました

画像

斜めに張られたワイヤーがきれいですな

生口島へ到着
はっさく屋に立ち寄ろうと
坂を上り始めるが、
近道をしたつもりが横道に
それて何故かSAに到着

仕方がないのでトイレをすませ
給水して再出発
今上ってきたスロープを降りると
ブワっと暑さが感じられてきたので
はっさく屋はパスして先に進むことにした

あとになってわかったんだけど
店の中でドリさんが待っていたみたい
すみません因島大橋の階段から
歩いていけるの知ってたんだけど
リカンベントあってのオイラなので
自転車持っていこうとした次第
これを教訓に次は歩いていこうと思います


尾道側から走ると急な坂がはじめにこない
せいか楽に感じられた
(上り坂はほとんど降りて押したけど)
画像

瀬の戸の「ドルチェ」でジェーラートを食べた
腹が減るより水分と冷たい物を体が欲しています

チョコレートとかバニラとか定番ものもあるし
塩バニラとかあるのですがせっかく瀬戸内にきたんだからと
柑橘系をセレクトしてしまいます

画像

レモンと甘夏のジェラート カップのダブル(300円)
口の中が甘ったるくなったので
無料のレモン水のんでさっぱり

昼にはちと早かったので
「しま一」はスルー
この店ガラスコップに熱いお茶がでてくるのを
思い出した。

自転車が停まっていなかったから
すぐに座れたんでしょうけどね

画像

しおまち商店街を走行中ドリさんからtel
はっさく屋で待っていたことと大三島の
グルメ情報を教えてもらった

画像

多田羅しまなみ公園
画像

世界一の斜張橋 多田羅大橋を見ながら
ドリンク休憩 ゴクゴク

画像

大三島橋の料金所
通行料50円

画像

良い天気ですな
日焼けが心配です


ここまでぜんぜん観光してない割に
進むのが遅いのは暑いので休憩を多くとっている
からであろう

そんなグダグダ寄り道ポタリング
特に
「伯方S・Cパークマリンオアシスはかた」は外せない
名物の塩ソフトを食べないとしまなみに来た気がしないのである

今日はお盆
道の駅前は砂浜になっていて
海水浴客でいっぱいだった
焼きそばやらイカ焼きの露店も数十軒でていました
もちろん水着姿の女性も目の前を歩いていたりして・・・・・
中には相撲取りみたいな体型の方もいるんですけどね(-_-)

私は金槌なんで海水浴なんて20年以上行ってません

さて
お恥ずかしながら過去に2回来ているのに
サイクルクーポンで
塩ソフトが50円安く食べられるのを
あにきぃさんのブログで知ったので使ってみる

券売機で200円のチケットと優待券をちぎって渡す
クーポンだとどうなんでしょうかね
量が少ないとかあるんでしょうかね

画像

ああ今回も旨いな塩ソフト
汗をかいていて疲れているせいか
冷たさと糖分とミネラルが同時にとれて
しまうありがたい食べ物だ

このほかにペットの爽健美茶を補充
メローイエロー500ml缶を飲み干して
水分補給して出発

観光はしないけど休憩をするため日陰を
さがしながら走るってのはどうなのよ

画像

しまなみももう終盤の宮窪のサイクルターミナル
に寄ってアンバサを一気飲み
エアコンはないけど
心地よい風が入ってくる
窓際に陣取ってジャージの汗が乾くまで
休憩しておりました

小学生がDSで遊んでいました
画像

パソコンがおいてあります
が使用禁止 FMタウンズのようですね

画像

テレビも料金箱付き・・・・・・・アナログですな
もう使えませんね

ここからの坂が最後の登りになる

最後の寄り道、水軍博物館へ向かいます
画像

大島の水軍博物館では
館内見学する前にエアコンの利いた
休憩室で汗が乾ききるまで座ったのち
展示を見学

画像

喫茶室で尾頭付きの鯛一匹がついた定食(驚愕の安さ1050円!)
ご飯をさざえ飯に変えてあるので100円増しになっています・・・なので
本当は税込み950円!
前の海でとれた鯛だそうです

調理器具もない喫茶室でどんなものが出来るのかと
思っていたら、驚きました(チーン♪とか聞こえてたけどね)

遅めの昼に食べてまったり休憩
2時間は居たと思う

すっかり足もなまった頃
しまなみ最後の激坂を走らずに・・・押して歩く

画像

来島海峡大橋が見える道の駅
「よしうみいきいき館」で
ドリンク休憩
ここは生け簀があって炭火で海鮮バーベキューが名物
なんだけどもう日が傾いて来ている時間帯のため
すっかりお片づけムードでした

生け簀のお魚さんも今日は生き残れましたね


同じ尾道から走ってきたグループの青年から
「初めて見るんですけどこの自転車はなんて言うんですか?」と聞かれて
少しリカンベントの話をしました

このグループはいろんな自転車がおりまして
中にピストでしまなみを走っている人がいて

重いシングルギアで坂だらけのしまなみを走ってきたなんて
スゲーなと思いました

なにやら今治側の空に黒々とした雲がかかっていて
稲光やら雷鳴が・・・・稲妻も落ちてるじゃないか!
あ!風向きが変わったかと思ったらポツリポツリと
降り出したじゃん

服は汗でビッショビショなので今さら雨に濡れても何ともない
だがこれから橋を渡ろうってのに路面が滑るではないか
急いで橋へのアプローチを登り切り
東屋で雨宿り

東屋はハイカー、サイクリストでいっぱいです
今治側から歩いてきたという地元のおっちゃんと
話をして時間をつぶしました

腕を触るとすげぇ塩吹いてるじゃないですか!
すねにも塩ついてますね
「闘・神・の・しお!」

今治まで走って松山まで輪行するという
夫婦のサイクリストに残りの距離を聞かれて
「あと12、3キロくらいかな・・・ 」とか
だいたいの距離感覚で答えられるのも
3回来ているからなんでしょうか

画像

来島海峡大橋の中間地点に料金所があります
150円分のチケットを入れて
クーポンは無くなりました

サンライズ糸山の駐車場に
両手でガッツポーズをしながら入場

画像

最後の休憩をしました

さてここのアプローチの坂が長い
最後のダウンヒルです
路面が濡れているので少し控えめに行きます
それでも55キロでました

こちらが車道で信号待ちをしていると
よしうみいきいき館であったグループが
歩道から抜いていきました

1分ほどして信号が変わり
3%くらいの登りでえっちらおっちら走っていたので
変な格好は伊達じゃない所を
見せようとちょっとした登りを鬼コギ28キロで
上りました
「すげー」「速ぇーー」「すごいー(女性の声」
がんばった甲斐がありました

今日のお宿は
今治ステーションホテル
チェックインしてシャワーを浴び汗を流します
日焼け跡がしみるー

着替えて夕飯を食べに出かけます
自転車は駐輪場に置きました

オイラの他にもロードが2台
ミニベロが2台停めてありました
しまなみを走ってきたのでしょうか

ホテルでもらった地図の店はなんだか
平凡だったので商店街方面へ足を向けた
去年来た焼鳥屋は寿司屋になってました

「五味鳥」って店がやってたんだけど
カウンター席の椅子が高くて背もたれがないのと
店の看板に
「一杯飲んでのみにけーしょん」とか書いてあったので
呑み中心の店なのかなーと思って入りませんでした

オイラにとって今治の夜食といえば
なじみのビアホール
八藤亭 オリエント
ここの飯はやすくて旨くてボリュームがあります

ミックスフライ1000円、
洋食セット290円
唐揚げ 630円
ウーロン茶 350円
を注文

画像

みてこのボリューム!
このライスは大盛りじゃないんだ
有頭エビ付きのミックスフライを1000円で
食えるところなんてここ以外じゃ聞いたことない
写真がアレなもんで全く伝わってないと思いますけど
牡蠣フライ、白身魚フライ、トンカツ、有頭エビフライがのってます

牡蠣と白身魚でライスなくなっちゃいました
東京だと2000円はとるでしょうね

画像

唐揚げはここではこれでふつうの量
有につまみとして3人分はある
一つの大きさは小学生高学年のゲンコツくらい
それが5個入ってます

コンビニで
ご当地品を探す
画像

定番のポンジュースと金チャンヌードル

画像

クボタのバナナアイスキャンデー 60円

なぜかポンジュースをおいている所は少なかったように
思いますね
柑橘類は換金用として地元では消費しないのでしょうか?(笑)


夜食も食べると眠気が・・・お休みなさい・・・zzzzzz

明朝8:25
今治港からとびしま海道の岡村島まで
フェリーで渡ります

その3へ続きます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログ リカンベントへ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています  励みになりますのでポチっと よろしくお願いします
しまなみ&とびしま海道 輪行 その2 しまなみゆるポタ編 闘神の日々雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる