闘神の日々雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS リカンベント論4 (自分に合う一台)

<<   作成日時 : 2014/03/09 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

オイラがリカンベントに乗り始めてから6年目に入った
いままで購入した車種は

1号機 セミリカンベント・・・・S17
2号機 2輪折りたたみ・・・・・chainamascot cobra
3号機 フルサスミッドレーサー・・・・・chainamascot elegans
4号機 折りたたみトライク・・・・・・・・traident(知人に売却済み)
5号機 折りたたみサス付きトライク・・・challenge alize
6号機 USSフルサスミッドレーサー・・・hp speed machin(知人より購入)
7号機 リジットアメリカンシートトライク・・・・・・・・・bigcat vellga
現在
8号機 hase ketweezelをオーダー中

ミッドレーサーと、トライクばかりである

ハイレーサーとローレーサー、LWBが無いのは
ひとえにオイラのXシームが短い故である

どうしても欧米製の物は高身長の人用にできているので
足つきとかブームの長さとか弄らないと乗れないのだ


とはいえ元々がインドア嗜好であったのでヒルクライムとか
混走レースとかスピードを追求する方向へ行かないで
ゆったり走れるトライクに偏りつつある

本当に「ゆったり」走るかはわからないけども・・・

先日、テレビで人間は重心の取り方で4種類に分類できるというのを見た
オイラの場合、踵側土踏まず側でバランスをとっているタイプらしい
重心の芯が動かないように姿勢を保つと力がより引き出されるんだそうだ
腕の振り方や重心を変えるだけで短距離が早くなる小学生の実験などで証明していた


ところで上のリカンベントは当然の事ながらシート形状から
乗車姿勢まで違っているわけだ
もうひとついうとクランク長までちがうんだけど(笑)

今のところAliz'eを多用しているがこいつのシートは変わっていて
背中の形状に合わせるようにS字になっている
つまり腹の裏側をグッと押されている形に整形されているのだ
始めは窮屈さを感じていたのだが

意外に踏み込みに力を掛けられる
シートに背中を押しつけて漕ぐと膝を壊すと言われているのだが・・・
実はそういう漕ぎ方はしていないのだけど


テレビの説明を見ていて腑に落ちるところがあり
自分の重心の取り方に合っていて力が出せるのではないかと
思うようになった

練習すればどんな車体でも走れるようになるだろうし
慣れてしまうのだろう

でも自分の自転車がリカンベントだったからこそ
様々な重心の取り方の乗車姿勢を比較できたのかもな


リカンベントのセッティングはオーナー毎に様々だ
特にブームはXシームと呼ばれる長さに合わせて前に出す
私はあまり他のリカに試乗はしない方だ

理由は簡単、足が短いからである
ペダルまで足が届かない事が多いのです トホホ

※3/12追記修正

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しみに読ませていただいています。
ところでbigcat vellga って初耳なのですが、UTAHのカスタムとかでしょうか?
もうすぐリカ乗りにカムバック
2014/03/13 18:40
毎度ぉ
カスタムでは無いです
ふらっと立ち寄った京都LOROにつるしてあった
んです試乗すると軽かったので衝動買いしてしまいました
軽いと言っても重戦車化してしまった
Aliz'eと比べての話ですが・・・
そういえば7号機はブログに写真載せてないですね
近々写真を上げます
闘神
2014/03/14 07:42
どうもです。7号機の写真楽しみにしています。
もうすぐリカ乗りにカムバック
2014/03/16 16:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログ リカンベントへ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています  励みになりますのでポチっと よろしくお願いします
リカンベント論4 (自分に合う一台) 闘神の日々雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる