リカンベントは体にやさしい自転車(利用者がこたえます)

さて 本文に入る前にとても悲しいことに私たちリカンベント愛好者は心無い偏見や知識不足によるデマに悩まされています 本日筆を取ったのもまたぞろ利用者の声を聞きもしないで思いこみによりとあるブログの記事が拡散されていくのを黙っていられなかったからです 

ブログ主にはどう思われようが構いませんが「偏った知識で語って欲しくない」ので少々説明させて頂きます

リカンベントはカウチソファーに横たわった姿勢でペダルを漕ぎます 
とても楽です 特に心臓に何かしらの障害を受けている仲間もロードなどだと運動強度が激しく二の足を踏んだりすることもあるようですけどリカンベントでまったりとサイクリングを楽しんでいます 

でもそんなに辛い姿勢なんでしょうかね?
心臓病棟の患者さんは立っているのでしょうか?ベットに横たわっているはずですw

足腰の障害を負った人も愛好者が多いです 欧米ではリカンベントの一種 3輪のトライクはお年寄りでも乗れる自転車として普及しています さて今回の話の肝は「身体にやさしいか」でありますが ここまで書いてもう答えが出ているようなもんですよね 

どちらかというと運動が苦手のオイラにしてもこんなに長続きしているのは不思議なくらいです

たまに使用者の弁として反証される方がおられますけど「個人」の感想ですから


健常者からお年寄り 障害者まで利用者が居るのに登坂の例だけで心臓に負担をかけるとは・・・自転車での登坂は確かに脈拍数が多くなりますしそれは判ります ですがサイクリングを「登坂」のみで語るのはヒルクライマーと呼ばれる人たちくらいなもの 笑止です 

他の自転車について登坂中の事故については優位的なデーターは私は知りませんので語れませんが
病気由来の運転中の事故を機材の別で語る人が居るとは思いませんでしたw 

言うまでもありませんが登坂が苦手な人ならばゆっくり漕げばいいですし 押して歩けばいいのです ツイッターで知った記事をセンセーショナルに書くことによって閲覧数を増やし小遣い稼ぎでもしているつもりなのでしょうか SNSはマニアもちゃんと見ています いくらマイナージャンルでもいい加減な事を言われる筋合いはないのです 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック